第37回協議会が開催されました。

平成31年3月6日(水)、第37回協議会が開催され、
会員、オブザーバー合わせて32名の会員の皆様にご参加いただきました。

会議では、報告事項として、事務局から今年度の活動報告、
静岡県住まいづくり課様から、空き家ワンストップ相談会のまとめ報告をしていただきました。
協議事項では、来年度の予算と年会費、事業計画についての検討が行われ、
最後に活発な意見交換が行われました。

今年度最後の会議、皆様、お疲れ様でございました。
次回協議会は、6月3日(月)13:30からとなります。

【第36回静岡不動産流通活性化協議会】
開催日:平成31年3月6日(水)13:30~15:50
場所:静岡県不動産会館2階大会議室
出席者:32名

協議会次第 →第37回次第
出席者一覧 →001第37回協議会開催のご案内

・初澤協議会会長 開会ご挨拶
  

報告事項
・事務局より今年度の事業と収支見込の報告

・静岡県住まいづくり課様より、県内8か所で開催された空き家ワンストップ相談会についての報告。
「空き家問題解決の事例集を作成予定。」

協議事項
・全日本不動産協会様
モデル物件見学会の調査費用について

・全宅住宅ローン様
「モデル物件見学会の詳細をもっと一般にPRしてはどうか。」

・牛田協議会専務
協議会年会費について

意見交換
・静岡県不動産鑑定士協会様
「光が丘団地の事業から始まり空き家マニュアル作成等いろいろやってきた。」
「モデル物件の過去のものを振り返れば何かヒントがあるかも。」

・静岡県土地家屋調査士会様
「空き家問題で調査士が関わる物件は、先ず境界確定をする。」

・静岡県司法書士会
「分科会を作って取り組むのはどうか」

・静岡県建築住宅まちづくりセンター様
「空き家問題は、いろいろやってきた。原点に戻り流通の実態等の分析を」

・静岡県安心安全リフォーム協議会様
「基礎工事等、住宅に関わる職人さんが減っている。職人さんを育てる取り組みを始めるところ。」

・静岡県労働金庫様
「現状では、やはりお客様は新築を好む」
「リバースモーゲージ、一定のニーズはある」

・アットホーム様
「モデル物件の募集について、来年度は支援策を考えたい」

・リクシル様
「メーカーとして消費税増税の対応をしている」

・アイジーコンサルティング様
「西部地区では、マンションの業者買取が激しく仕入れが厳しい」

・UGRコーポレーション様
「空き家相談会を活性化させる意味でも、『空き地』も入れてほしい」

・日本住宅保証検査機構様
「業者売主物件でも、建物状況調査を実施する業者が増えてきている」

・初澤協議会会長

「あんしんR住宅はいろいろ制約がある。あんしんパックで十分対応できる。」

・静岡県宅建協会様
「昨年の台風で被害を受けた建物が現在も補修できていない。これも職人不足の現れ。」
「空き家問題は、他の団体や機関と一緒になって取り組むこと必要。」

・横山協議会副会長 閉会ご挨拶
  

ご出席の皆様、お疲れ様でございました。
来年度もよろしくお願いいたします。